ガリレオの苦悩

ガリレオシリーズ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1手が止まらない     15

2達成感         14

3読みやすさ       13

4どんでん返し、伏線   16

5知的好奇心       16

おすすめ度 計 74点

あらすじ

第一章 落下る おちる

 マンションのベランダから女性が転落死した。警察内部では自殺と断定しかけるものの、女性刑事・内海薫は他殺を疑う。転落死した女性はその直前に、不倫相手の男性と会っていた痕跡が見つかったからだ。しかしその男性は女性が転落した時、マンションの下で目撃されていた。離れた場所からベランダにいた女性を突き落とすことは可能なのか?

第二章 操縦る あやつる

大学時代の恩師、友永の離れの家が延焼し、その焼け跡から友永のひとり息子である男の刺殺体が見つかった。しかし、離れの家は密室状態であり、誰も近づいた形跡がない。しかも、殺人で使われたであろう凶器も見つからない。

第三章 密室る とじる

 湯川の友人・藤村が経営するペンションの客が、ガードレール下に転落して死んでしまう。転落死する直前の客の部屋の状況を不信に思った藤村は、湯川をペンションに招き調査を依頼する。しかし「これ以上調べるのは止めてくれ」と、湯川に突然調査の中止を言いだす藤村。藤村の翻意に隠された真実とは?

第四章 指標す しめす

 資産家の老女が殺害され、3000万円相当の金が盗まれた。さらにその家の番犬が行方不明になっている。この謎を解く唯一の方法は、ある少女の水晶を使ったダウジング?

第五章 攪乱す みだす

 “悪魔の手”と名乗る人物から、警視庁に送り付けられた怪文書。そこには、連続殺人の犯行予告と、湯川学を名指しで挑発する文面が記されていた。湯川を標的とする犯人の狙いは何か?常識を超えた恐るべき殺人方法とは?邪悪な犯罪者と天才物理学者の対決を圧倒的スケールで描く。

※引用 東野圭吾著 ガリレオの苦悩

読んでみて

 ガリレオシリーズの第四作目です。ガリレオこと湯川学が、天才物理学者であることが原因であらゆることに巻き込まれます。

他のガリレオシリーズを読まずにこちらの作品を読むことはあまりおすすめしませんが、ガリレオシリーズファンなら必見です!

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました