プラズマとは?

未分類

・プラズマの由来

プラズマは、1928年頃にアメリカのラングミュアによって「plasma」と名付けられました。「plasma」はギリシア語で「形づくられたもの」や「ゼリー」といった意味を持ちます。

・プラズマとは?

物質の状態変化をご存じですか?

こういうやつです。固体を温めると液体になり、液体を温めると気体になりますよね。ところで、気体をさらに温め続けるとどうなるかご存じですか?結論からいうと、

プラズマ

になりなす。もう少し詳しく説明していきましょう。気体状態の物質をさらに加熱すると、その物質を構成する原子の電子が、電離エネルギー以上のエネルギーを持ち、電離してしまいます。この電離した状態のことを「プラズマ」といいます。

プラズマ状態は、固体、液体、気体に続く状態という意味で「第4の状態」とも呼ばれます。めっちゃすごい状態のように感じるかもしれませんが、実は

「宇宙の99%以上はプラズマ状態」

なんですね。宇宙からしてみれば、固体、液体、気体に囲まれた我々の環境の方が明らかに特殊な存在であるという見方の方が適切かもしれませんね!

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました