太陽光発電の仕組み

エネルギー

太陽光発電は、半導体に光を当てると電気が生まれる「光電効果」という仕組みで発電します。太陽電池はN型とP型という2種類のシリコンを重ね合わせた構造をしています。

半導体に太陽光があたると、電子が光のエネルギーを吸収して動き出します。このとき、2箇所の電極を導線で結ぶと、電流が流れます。エネルギーを抱えた電子が動き出して仕事をし、半導体に戻るサイクルを繰り返して、電力が供給されるのです。

・住宅用と産業用

太陽光発電装置といっても、その規模は様々で、一概には言えません。そこで、太陽光発電は大きく、住宅用と産業用の2つに分けることができます。

住宅用太陽光発電

→10kW未満の発電容量で、自家消費せずに余った電力を売る「余剰売却」をすることができます。

産業用太陽光発電

→10kW以上の発電容量の物をいいます。発電した電力を全て売る「全量売電」と、自家消費の余りを売る「余剰売電」を選択することができます。

また、住宅用と産業用の違いとして、電力を売電するときの価格と、売電価格が維持される期間が異なります。

具体的な価格と期間を以下の記事で紹介しているため、ぜひ合わせてご覧になってください!!

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました