流星の絆

東野圭吾

1手が止まらない     19

2達成感         18

3読みやすさ       16

4どんでん返し、伏線   19

5あらすじ        18

おすすめ度 計 90

あらすじ

 何者かに両親を惨殺された三兄妹は、流れ星に仇討ちを誓う。14年後、互いのことだけを信じ、世間を敵視しながら生きる彼らの前に、犯人を突き止める最初で最後の機会が訪れる。三人で完璧に仕掛けたはずの復讐計画。その最大の誤算は、妹の恋心だった。涙があふれる衝撃の真相。著者会心の新たな代表作。

※引用 東野圭吾著 流星の絆

読んでみて

 こちらの作品を読み終わった後、無意識に

「おもしろっ…」

とつぶやいてしまっていました。(笑)

そのくらい面白かったです!

両親を殺された兄妹にとって、その仇討ちは果たさなければならない使命のようなものであるにも関わらず、妹と静奈はその仇の息子行成に恋をしてしまいます。

この静奈の葛藤がなんとも切ない…。

また、ラストが大どんでん返し。最後の最後に兄の妹への愛が行動で表現されているのですが、もう、大感動でした。

最高です!!

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました