東野圭吾 笑小説シリーズの順番とおすすめ度

東野圭吾
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは、Hideです!

今回は、私が大好きな東野圭吾さんの笑小説シリーズの順番とおすすめ度、そしてどんな人に読んでいただきたいかを紹介させていただきます!

まず、笑小説シリーズの順番は以下のようになっています。

1 怪笑小説

2 毒笑小説

3 黒笑小説

4 歪笑小説

各記事であらすじと私なりのおすすめ度を掲載させていただいているため、ぜひチェックしてみてください!

このシリーズの特徴としては、何といっても読みやすい!

そのため、

「東野圭吾さんの書かれる小説は好きだけど、読むのに苦戦してしまう…」

「気軽に東野圭吾さんの作品に触れてみたい。」

「東野圭吾さんの作品を何冊か読んだことあるけど、有名作ではない一風変わった作品を読んでみたい。」

という人に特におすすめします!

もちろん、順番通りに全作品を読んでみていただきたいというのが本音ですが、こちらのシリーズは、前後の作品でそこまで強いつながりがあるわけではないため、気になる作品から読んでみるということもおすすめします!

中でも、特に第二作の「毒笑小説」が私の一番のお気に入りです!

12の短編小説で構成されているのですが、この中でも私のおすすめは、「エンジェル」と「つぐない」です。

どちらも長編verで読んでみたいと思えるほど面白かったです。

ぜひ読んでみてください!!!

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました