私が彼を殺した

加賀恭一郎シリーズ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1手が止まらない     17

2達成感         15

3読みやすさ       15

4どんでん返し、伏線   15

5あらすじ        17

おすすめ度 計 79

あらすじ

 婚約中の男性の自宅に突然現れた一人の女性。男に裏切られたことを知った彼女は服毒自殺をはかった。男は自分との関わりを隠そうとする。醜い愛憎の果て、殺人は起こった。容疑者は3人。事件の鍵は女が残した毒入りカプセルの数とその行方。加賀刑事が探りあてた真相に、読者のあなたはどこまで迫れるか。

※引用 東野圭吾著 私が彼を殺した

読んでみて

 加賀恭一郎シリーズ第五作、「私が彼を殺した」です!

こちらの作品は、加賀恭一郎シリーズ第三作、「どちらかが彼女を殺した」と同様に、最後の最後に犯人を断定させず、読者に推理させる作品となっています。

ただ、本作品は全作品と比べ、推理が数段と難しくなっています。

その理由が、

・容疑者の数が増えた(2人→3人)

・容疑者三人のバラバラの視点で話が進んでいく

という点にあると思います。

バラバラの視点についてですが、前作では、被害者の兄の視点に固定されていて、彼が得た情報はすべて嘘偽りなく記載されていました。しかし本作品では、容疑者の三人である、神木貴弘―駿河直之―雪笹香織の3人の視点×7回のサイクルで物語が進んでいくのです。

つまり、地の文において虚偽の記述が書かれていることはありませんが、会話文ではその限りではないのです。

最後に加賀恭一郎の、

「犯人はあなたです」

という言葉で本作品は幕を閉じるのですが、私は頭の中で物語についていくに必死で、正直犯人が誰かなんて全く分かっていませんが、加賀のカッコよさにしびれました。(笑)

時間があるときにもう一度じっくり読み直してみて、自分なりに犯人を断定できたら、改めて投稿したいと思っています!

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました